大切なのは「薄毛か否か」ではない

今まで数社で事務職を経験してきた30代の私ですが、AGA等で男性が悩む薄毛に対して言いたいことは一つ。「仕事ができる男の人がかっこいい!」ということです。
確かに男性芸能人や俳優さんで薄毛の方は少ないかもしれません。なぜならば、彼らにとっては外見が仕事道具だからです。この世の中で「テレビにかっこよく映ったり、雑誌にセクシーな写真を掲載したりすることが仕事」なんて男の人はほんの一握りです。多くの男性の仕事道具は外見以外のもののはずです。

そこで私が言いたいことは「当たり前の仕事を当たり前にきちんとする」ことです。どんなに髪がふさふさで外見がかっこよくても、自分でコピーを取らない、使った資料や道具を片付けない、ミスを他人のせいにする。そんな男の人は間違いなく女性から嫌われます。むしろ、そういった方々は外見を良くし、外面や体裁を繕っている分、「気持ち悪い」や「ナルシスト」といったような嫌なイメージを持たれることもあります。

もちろん、よれたワイシャツを着ない、汚れた靴を履かない、ボロボロの鞄を持たない、といった最低限の身だしなみを整えることは必要です。それは社会人として当然のマナーだからです。

最低限、身だしなみに気をつけ、清潔感のある格好をする。あとは、真面目に一生懸命、真摯に仕事に取り組む。そうすれば、薄毛なんて何のその。間違いなく女性から頼られる存在になることでしょう。
薄毛を気にする前に、ぜひ当たり前の仕事を当たり前にされてみてください。仕事ができる男の人ってとってもかっこいいですよ。”

育毛剤・育毛シャンプーは薄毛に有効か?

浦和で定期的にプロペシアを処方されている30代の男性 会社員です。
皆さんは髪の悩みはお持ちでしょうか?
私の父は30代前半から薄毛で、その父とそっくりな私は正に薄毛のサラブレッドです。
元々髪の毛は硬く本数も多い方でしたが、大学を卒業して社会人になり生活が不規則になり始めた頃から、年々髪のボリュームが無くなっていることに気付きました。父が薄毛だったこともあり、何とか結婚するまでは髪が残ってくれていないと困ると、市販の育毛剤を使うようになりました。シャンプーも育毛剤が浸透するようにと洗浄力の強いものに変えました。ところが何ヶ月使っても全く改善する兆しもなく、終いには育毛剤に含まれるアルコール成分と洗浄力の強すぎるシャンプーのせいで頭皮がかぶれてしまったため使用を中止しました。育毛剤はいまいち効果が信用できなかったので、せめてシャンプーだけでも良いものをと思い、大塚製薬のウルオスという商品にたどり着きました。このウルオスですが、その名の通り、洗い上がりがさっぱりするにも関わらず頭皮が乾燥しないという優れものでした。使い始めてもう2年程になり私も30代の後半になりましたが、まだ髪の毛は残っています(笑)。
あのまま育毛剤と強力なシャンプーに頼っていたら今頃かぶれでもっと薄毛が進行していたかもしれません。ウルオスはお勧めですよ。

職場の人の自然なかつらに感激

私の職場には、男性でかつらを付けている人がいます。その人が、薄毛対策としてかつらを使っていることは全く気づきませんでした。私以外の人もきっと気づいていなかったでしょう。そんな時、その人がかつらを取ったことがありました。その時はさすがにびっくりしたのですが、かつらであったことについてびっくりと、人前で取ったことについての両方のびっくりがあったのです。

 

そしてその男性の事を、とてもいいなと思っている女性が増えたことも事実なのです。通常だったら、考えられない感じですね。人の前でそんな事をする人が、少ないのでびっくりしたのです。しかしそんなふうに、自分の事を隠すこともしないし、とても堂々としていることに惹かれた女性が多いのです。
かつらは、その人に自信をつけることができます。確かにその男性も、以前はそんな感じではありませんでした。ところがかつらを使い出してから、そんなふうにかわったということなんですね。人は変われるということだと思います。

かつらだって自然に見える!使って欲しい!

男性型脱毛症に悩んでかつらを使うことにとても抵抗のある人は、たくさんいると思います。女性の場合は、比較的若い時から使っているので、そんなに抵抗はありません。それは、かつらを使うのにおしゃれとして使っているところがあるからです。しかし男性の場合は、薄毛を隠すという目的で使うことが多いですね。その時、できるだけ自然に見えるものを使いたいと思う事でしょう。

今のかつらは、本当にわかりません。近くで見ても全くわからないと思うほど、とても丁寧に作られていることが分かるのです。その一つに、その人の髪質を研究された結果、作っているからなんですね。その時、髪の色と合わせてもらうことができるのです。だから自分の髪とぴったりの色のかつらなので、全くわからないということですね。しかも髪質も同じように作っているので、ますますわからないのです。その事を思うと、悩む前にかつらを使って欲しいのです。すると、そのよさをしっかりと感じることができると感じます。

薄毛をそんなに気にする必要はない。

女性目線から見た男性のAGAによる薄毛は、仕方ない面があります。それだから、薄毛を気にする必要はありません。逆に、薄毛だからといって、長い髪でバーコードをする方やかつらをする方の方が嫌われます。男なら、坊主にして、さっぱりする方がとても素敵です。その方が見た目がとても良いので私は、その方が好きです。私の友人も長い髪でバーコードをする方やかつらをする方は、嫌で、さっぱりした方がいいと言ってました。

 

バーコードやかつらは見た目が悪いです。バーコード髪が、垂れてきたらそれは、女性は、とても嫌なものと思うでしょう。また、かつらが取れてしまった時は、その人のことをどう思うかなと思います。それでもしてしまうのは、自分に自信がないのかと思います。男の薄毛は多いですので、気にするのをことはありません。堂々としてほしいです。そんなに薄毛は悪いものではないです。気にするからそうなるのです。ですから、自分に自信を持ちましょう。

薄毛の判断は自分次第なので厄介です

職場などで、50代の女性の話を聞くと、髪のボリュームがなくなってくるので、シャンプーを変えたり、いろいろ対策をしているそうです。私はくせ毛がきつく、髪がふわっと浮いてしまうので、ボリュームはいらないわ、と薄毛の悩みは他人事のように思っていましたが、ある日鏡を見ていると、髪の分け目が広がっているような気がしてきました。

 

もう40代後半なので、薄毛が進行していて当然の年齢です。いきなり育毛剤というのも抵抗があったので、まずは食事に注意をすることから始めました。
薄毛防止に効果がある食べ物は、イソフラボンを含む大豆製品、リコピンたっぷりのトマト、亜鉛を含むレバーやうなぎということです。このうちレバーとうなぎは苦手だったので、亜鉛に関してはサプリを飲み始めました。

 

食事に気を配っても、育毛・養毛効果があるわけではないので、目に見えた変化が実感できないのが辛いところです。薄毛は、自覚症状だけで判断することになるので、薄毛といえば薄毛の気がするし、気のせいのような気もする、とはっきりしないのが厄介です。

薄毛に悩んでいたのですがデルメッドで改善

35歳を過ぎたあたりで、髪の毛が薄くなっているように感じました。分け目のあたりの地肌が以前よりも目立つようになってきていました。自分の抜けた髪の毛をよく見てみると、とても細く弱々しかったです。このままにしておけば状況は悪化すると感じたので、なんとかしなければならないと思うようになりました。

 

インターネットで調べているとデルメッドという育毛シャンプーに出会いました。症状などから見て私にとても合っている商品なのではと感じました。レビューなどを見てもとても効果がたかそうだったので思い切って購入することにしました。これでダメだったら梅田駅近くの発毛クリニックに通うつもりでした。正直価格は高かったのですが、初回購入だとかなりの割引があったので助かりました。

 

デルメッドを使い始めて3ヶ月ほど立ったときに、分け目のボリュームが以前よりも上がったように感じました。抜けた髪の毛を観察してみると、以前よりも確実に太くなっていると感じました。髪の毛に元気があるように思いました。

薄毛でも自信を持って積極的に行動

AGAで薄毛の男性って優しそうなイメージがあります。だから私は薄毛の男性が嫌だなと思ったことはありません。髪が薄くなるのは本人のせいではありませんし、薄毛だからといって単純に好きとか嫌いということにはならないです。

でも薄毛の男性は薄毛を気にして消極的なところがあるので、薄毛を気にせずもっと積極的になれば良いのにって思いますね。薄毛の男性を苦手だなと思う人もいるかもしれませんが、私の周りの友達は薄毛だけで人を判断する人はいません。

もし髪の毛がフサフサで思いやりのない人と、薄毛で思いやりのある人がいたら後者を選ぶ人が多いと思うんです。女性は薄毛だけで判断しない人もいると思うので、気にしすぎは良くないと思います。

自信のなさそうな男性よりも自信がありそうな男性のほうが魅力的なので、薄毛の事は気にせず自信をもって行動してほしいですね。薄毛の男性が思っているよりも女性はきちんと中身を見ていると思います。だから堂々としていてほしいですね。

薄毛の男性を安心させるように伝えること

男性の薄毛は生え際が目立ちやすくなると周囲から笑われることもあり、恋人や夫などがこのような状態になるとつらいものです。髪が薄い状態は原因を確かめて最適な対処法を決めないと効果を出せないため、本人と相談して一緒に探すなどサポートすると安心してもらえます。髪を増やす方法は育毛剤を使うと時間がかかりAGAクリニックで施術を受けると料金が高くて悩むものです。

薄毛は第一印象を低下させてコンプレックスを感じるもので、改善できるようにアドバイスをすると感謝されます。女性は男性に対して格好良く見られるようにすることを願っているため、髪が薄いことに気付くと改善できるように最適な対処法を探すと効果が高いです。

薄毛の男性を安心させるように伝えることは髪を安心して増やせるようにアドバイスし、自分に自信を持てるようにサポートする方法が望ましいです。髪型は頭皮の状態によって変わりやすくストレスをためないようにサポートし、今後の人生を楽しく過ごせるようにする必要があります。抜け毛に悩む大宮の友人にはそのように接しています。

いっそのこと丸刈りで堂々と!

薄毛に悩む男性、多いですよね。

自分では気にしていなくても、女性からどう見られているかを気にしている人もいるのではないでしょうか。

実際に、川口にも30代前半で薄毛に悩んでいた男性がいました。

薄毛の具合は、頭のてっぺんから薄くなっているような形で、前から見ると一見わかりませんが、お辞儀をするとわかってしまうような感じです。

数年前の話ですが、急にその男性が丸刈りで出社したことがありました。

本人が恥ずかしそうに「思い切ってみました」と笑顔で数名に伝えると、最初は驚いていた他の社員も「今がいいよ」「本当に思い切ったね」と声を掛けていました。

私の職場はビジネススーツを着るので、本来はNGとされる髪型です。

後から本人に確認したところ、丸刈りにする前に上司に相談したとのこと。

その際、上司からはすぐにOKがもらえ、背中を押してくれたということでした。

その男性はもともとのキャラクターが、積極的な方ではなく、薄毛を笑いにできるようなタイプの人ではありませんでしたが、丸刈りにしたことで開き直ったと話していました。

以前よりも笑顔が増え、明るくなったように感じます。

もしも、薄毛で悩んでいる方がいたら、丸刈りも一つの手段だと思います。

女性はそれほど気にしていませんよ。ぜひ挑戦してみてほしいです。